代表理事ご挨拶

吉川 莉奈

なぜエンターテイメントの道に進んだのか?
エンターテイメントは、病気・障がいの有無、年齢や国籍などに関わらず、
全ての人が楽しみ笑顔になれるものだと思うからです。

皆さんは、ダンスや音楽を聴いたり、テレビや舞台を観て、笑顔になったり、ワクワクした事はありませんか?

私には病気・障がいのある3つ子の妹達がいます。1人を亡くし、2人は生死を何度も彷徨いながら今を生きています。私は幼い頃から、妹達について誰にも相談できない心の葛藤を抱えていました。

けれど、妹達と一緒にダンスや音楽を聴くといつも笑い合えました。どんな時も、このエンターテイメントの力に救われてきました。

なので、私はプロダンサーになり、FaiRyを立ち上げました。

心から楽しい!素晴らしい!と思ったり、誰かが笑顔になってくれて嬉しかったり。

心が動く体験。感動体験。

エンターテイメントには、生きる活力へと繋がる素晴らしい力があるのです。

ダンスや音楽を通して、障がい児者と健常児者がつながるキッカケを作ったり、障がいという個性を活かして働ける仕組みを作り、多様な社会を推進していきます。

いつまでもエンターテイメントの力で私自身も活力を貰い、その活力を基に人々に笑顔を届けたいです。

私が人生で成し遂げたいことは、これです。
「福祉」×「エンタメ」で、障がいに対する社会問題を解決し、
誰もが自分の個性を活かしながら、輝ける社会を作りたい!

誰もが自分に与えられた運命や個性を持ってうまれます。

長所も短所も障がいも、一つの個性。
みんな同じ人間です。

決して、障がいのない人が障がいのある人を助けるのではなく、色々な状況をお互いに認め合い、補い合いながら、共に楽しみ、共に生きていきたい。

雇用を創出し、活動を持続可能にすることで分け隔てない社会を実現させたい。

その為には、共感してくださる皆様や企業様のご協力が必要なのです。

病気や障がいが理由で社会から取り残されてもいい人は誰一人いません。必ずその人にしかできない無限の可能性を秘めた光輝くものがあります。

地域や企業のCSRと障がい児者とその家族、多様な人々をつなぐエンターテイメントビジネス。

日本がより明るくなると思いませんか?

この取り組みを日本からニューヨーク。世界中へと輪を広げていきます!

共に笑いましょう!ダンスや音楽でつながる未来!個性、多様性を活かして働ける社会へ!